手汗制汗剤

手汗を止める制汗剤特集

 

こんにちは、当サイトを運営している中島です。

 

当サイトでは、手汗で悩んでいる人のため情報をご提供しています。

 

手汗で悩んでいる方の悩みが解消できればと思います。手汗の止め方で一番のおススメは制汗剤です。使ってみてください。


手汗が酷くて困っていませんか?

手汗が止まらないと悩んでいませんか?彼氏・彼女と手を繋ぎたいのに手汗が気になって繋ぐ事が出来ないし恥ずかしい!スマホが反応しなかったりマウスやキーボードがベタベタになったりしていませんか?髪がしわしわになったりと…。

 

対策のためにタオルやハンカチを普段から持っていたり、中にはウェットティッシュを利用している人もいると思います。それでも納得しないのであれば手汗専用の制汗剤を利用するのがいいと思います。簡単に自宅で手軽に使えるのでとても便利です。

 

手の多汗症の人でもある程度の汗を抑える事が出来るので、手汗が人よりもちょっと多いという人にはお勧めです。まずは、手汗が出る原因について理解していきましょう。

 

手汗が出る仕組みとは?

手汗が出るのは手の平に汗の出る汗腺(エクリン腺)が多く存在しているので汗をかきやすい部位です。誰でも手汗をかくのですが、人によってその汗の量が違います。手汗を気にしている方は人よりも汗をかきやすいのかもしれません。

 

汗は温熱性発汗と言って上がり過ぎた体温を落とす働きがあるのですが、手汗の場合は暑さよりも緊張や興奮状態のときに手汗が出やすくなります。こういう汗を指針性発汗と呼びます。

 

手汗は自律神経に左右される事があります。通常のリラックスした状態は、副交感神経が優位になっているのですが、緊張・興奮している状態は交感神経が優位になり手汗をかきやすくなるんです。

 

だから、好きな人デートする前や人前で話すときは手汗が凄い出ると思います。つまり、交感神経が優位になっていからです。また、手汗の量が多いという人は、他の方よりもエクリン腺の量が多いので手の平いっぱいに汗をたくさんかきます。

 

手汗をかくのがコンプレックスという方もいますが、手汗が出るのは普通の事でそこまで気にする必要はありません。ですが、それでも気にするという方のために

手汗が出る3つの原因とは?

 

手汗が出る原因は精神的要因(ストレスや不安)や体質的な事、ホルモンバランスの乱れによる物です。他にも色々な要因で手汗がでるのですが、原因を突き止めるためには、一度病院に行って検査してもらうのがベストです。ここでは、一般的に言われている手汗の原因についてご紹介していきます。

 

 

手汗が酷くなっているのは精神的な物である人が多いと思います。人から指摘された人は、必要以上に意識してしまうので余計に手汗が出てしまいます。

 

また、不安や緊張などのストレスがかかる場面は特に交感神経が刺激されるので手のひらの発汗が促進されてしまいます。そうなると手汗が酷くなってしまう原因になっています。

 

手汗は誰でもかく物で気にし過ぎるのは一番良くないです。リラックスしている状態のときに手汗がそこまでかいていなければ気にする必要はないと思います。

 

緊張やストレスがかかるときに手汗をかいてしまうのは仕方のない事です。気にするのをやめましょう。

 

 

体質的に手汗がかきやすくなっているのかもしれません。生まれつき手の平の汗腺(エクリン腺)が多いのかもしれません。数が多ければそれだけ汗の量が増える事になります。

 

また、肥満も手汗が増える原因になります。肥満になってしまうと内臓脂肪・皮下脂肪が増えると体温調節が上手くいかなくなってしまいます。外部への発散が上手にできないんです。

 

体温調節が上手くいかない分手汗で補おうとする事で手汗に大量の汗をかいてしまうんです。それで、体温が落ちるわけです。

 

 

手汗にはホルモンバランスも関係しています。ホルモンバランスと自律神経を管理している脳の@が同じ場所です。ホルモンバランスが崩れるとおのずと自律神経も崩れてしまうんです。

 

それが、結果手汗を増やしてしまう結果になります。特に、更年期障害や生理など女性ホルモンのバランスが不安定になる時期は自律神経が乱れやすくなるので注意が必要です。

 

男性は、生活習慣の乱れも原因になるので規則正しい食事や睡眠をしっかりとる事が大切です。コーヒーの飲み過ぎやタバコの吸い過ぎは発汗に影響が出ます。

手汗を抑える制汗剤の3つの選び方

 

手汗の制汗剤には、市販と通販の物がたくさんあります。手汗がひどくない人であれば市販の物でも充分に対策が出来ると思います。ですが、手汗で悩んでいる人の多くは、他の人以上に手汗の量が多いと思います。

 

手汗を抑えたいと思うのなら制汗力が強く持続力の物が必要になると思います。そこで、手汗の制汗剤を選ぶときの3つおポイントがあるので購入の参考にしてください。

 

制汗剤の選び方ポイント1

●制汗成分を重視する

 

手汗を止めたいなら成分をよく見た方が良いです。手汗を止めるには、「塩化アルミニウム」が適しています。汗腺を塞いで汗を抑える働きがあります。

 

本来は、肌への刺激、負担が大きいので脇汗などには使われないのですが、皮膚の分厚い手のひらには、適している成分です。脇汗に使っている制汗剤で手汗を抑えられないのは塩化アルミニウムが含まれていないからかもしれません。

 

注意点としては、制汗力があるからといって、脇などのデリケートゾーンに使ったりするとかぶれたり、肌トラブルの原因になります。また、必要ないときは、洗い流した方が良いです。汗を流すのは自然現象で、それを無理やり汗を抑えている以上は、身体に悪いのかもしれません。必要なときに使うといったTPOをわきまえましょう。

 

また、商品によっては手汗対策として独自の制汗成分が利用されているのでそれを利用してみるのもありです。中には肌への刺激が優しくアプローチしている物もあります。

 

制汗剤の選び方ポイント2

●殺菌・抗菌成分が含まれていない物

 

手汗がひどいけど臭いはしない人が多いと思います。エクリン腺の数が多分泌される汗は、水分と塩分で出来ているので臭いはそこまでしないと思います。

 

臭いを抑える必要がないので殺菌・抗菌成分が配合されている物を利用する必要はありません。肌トラブルを招く可能性が高くなるだけなので、余計な刺激を与える必要はないです。

 

酢酸、イソプロピルフェノールなど殺菌・抗菌作用など複数配合されている物は避けた方が無難です。例えば、臭いがy強いワキガ用のクリームなどには、制汗作用のある物と殺菌・抗菌作用の両方がふくまれているので使用しない方gあいいでしょう。

 

制汗剤の選び方ポイント3

●自分に合った制汗剤の感触を選ぶ

 

手汗用の制汗剤には、スプレー、クリーム、ローション、パウダー、テクスチャー、ジェルと色々なタイプがあります。どれがいいかは、その人の感覚があるので何とも言えないのですが、一般的には、スプレータイプではなく直接塗るタイプは、汗腺を塞ぎやすくなるので持続力がいいと言います。

 

塗った後のベトベト感が嫌という人は、パウダータイプだとサラッとしたスッキリ感が出るのでいいです。それぞれ、使ってみて自分に合った物が見つけるのがベストです。ただ、商品によってはスプレータイプでもベタつき感がなかったりするのもあるので正直、使ってみないと分からないのが現実です。

 

通販の手汗用は、一般的に販売されている物よりも高いです。手汗は、制汗剤を使う事で治るわけではないので長期的に使っていく事が考えられます。そのため、コスパ的に続けられるかも判断の1つになるのでよく考えましょう。

手汗用の制汗剤ランキング特集BEST5

第一位ファリネ

▼ファリネ 公式サイトはこちら▼

ファリネの公式サイトのトップページ

コース 初回料金 2回目以降 容量
通常購入 \10,201 × 1個
定期購入 \2,880 \7,344 1個

※定期コースは最低でも3回以上の継続が条件
※30日間の返金保証付き
公式サイトを確認する

ファリネの特徴

当サイトでは、一押しの手汗制汗剤商品です。日本製で医薬部外品になっています。手汗をしっかり抑えたい方や塗った後のサラサラ感を重視する(即効性)なら一番オススメしたいです。ただ、値段が他の商品と比べると高いです。その分納得できる商品だと思います。

 

ファリネは、特殊ナノイオン微粒子とAHCという2つの成分で手汗が出る前にしっかりとブロックする事が出来ます。また、麻セルロースを配合しており汗・皮脂のベタつきを抑える天然成分になっています。

 

もちろん、無添加で香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラペンを使用していません。身体にとって有害となる成分を一切使用していないので肌荒れの心配はありません。

第二位テサラン

▼テサラン 公式サイトはこちら▼

テサランの公式サイトのトップページ

コース 価格 容量
通常購入 ¥4,298 25g×1本
2本セット \8,597 25g×2本
4本セット ¥10,735 25g×4本

※全額返金保証付き
公式サイトで確認する

テサランの特徴

テサランの最大の特徴は持続力です。最大で72時間サラサラが持続するという事ですが、1日の24時間で十分です。(笑)それだけ持続するのあれば、朝起きて塗るだけで大丈夫です。

 

クロルヒドロキシアルミニウムでエクリン腺を収集くさせコーティングする事で制汗を実現しています。テサランを塗っている間は手汗が出る心配がないと思います。

 

値段も手ごろで初めに1本購入して気にいたら後はまとめ買いをするだけかなり安くなるのでコスパが非常に良い商品です。返金保障が付いているので安心して購入が出来るのもいいところです。口コミ・評判もよく子供も利用できます。

第三位フレナーラ

▼フレナーラ 公式サイトはこちら▼

コース 初回料金 2回目以降 容量
通常購入 \8,500 × 1本
定期コース1 \5,100 \4,250 1本
定期コース2 \5,100 \4,675 1本
定期コース3 \5,100 \5,100 1個

※定期コースの条件はコースで違います
※180日間の返金保証が付いています。
公式サイトで確認する

フレナーラの特徴

フレナーラはスキンケア大学や雑誌でも紹介されている手汗用の制汗剤です。分子レベル(細分化)で汗の素からブロックする事で汗を抑えています。

 

スプレータイプでベタつきそうですが、天然のエキスを肺臓しており使用後もサラサラ感が出るように7種類の植物エキスが配合されています。

 

返金保証も180日間の非常に長いのがいいですし、定期コースは3種類あり、継続が長い契約程2回目以降の値段が安くなっています。集中的に利用したいなら1年契約が一番安い事になります。

第四位デトランスα

▼デトランスα手足用 公式サイトはこちら▼

コース 価格 容量
初回限定@ \2,900 1本
初回限定A \5,000 2本

公式サイトを確認する

デトランスαの特徴

デトランスαは、医療先進国のデンマーク発の商品で日本未入荷です。驚異のリピート率で90%以上とh上に人気の商品になっています。国内出荷が52万本突破をしています。

 

デトランスαは、寝る前に塗るだけで汗腺に浸透して汗を抑制する事が出来ます。塗った翌日からあれほど気になっていた手汗が気にならなくなるかもしれません。

 

初回限定は割引価格で購入する事が出来ます。そのため、非常に安く購入が出来るので試しに購入するにはとてもいいと思います。

第五位コルクル

▼コルクル手汗 公式サイトはこちら▼

コルクルのトップページ

コース 初回料金 2回目以降 容量
定期コース \0 \8597 2本

コルクルでの特徴

コルクルは、手汗を抑えるハンドクリームでデザイン性もよく持ち運びやすいです。塗ってからしっかりと汗を塞いでくれるため顧客満足度が非常に高いです。

 

エクリン腺をカバーするために、フェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5-オールで汗を止めるだけでなく、外部からの雑菌もガードする事が出来ます。

 

塗ってから30秒でサラサラになるように目指して開発されており、手にクリームが残ってしまっているような状態を防ぐ事が出来ます。

当サイト一押し商品の体験レビュー

 

私も手汗が酷くて悩んでいたときがあります。ベビーパウダーや制汗パウダー、サプリなど色々と使っていましたが効かない事が多かったです。ちょっと高かったのですが、手汗改善マニュアル多汗症も利用していました。ですが、満足いく結果にはなりませんでした。

 

手汗をかくと痒いのでかいているや無意識でもかいてしまいます。そのせいで、皮が剥がれてしまう事がありました。

 

そこで、ネットで話題の制汗剤であるファリネを利用してみました。値段は高めでしたが、使い方は簡単で、ササッと塗るだけで手がサラサラするのを実感する事が出来ました。半分疑っていましたが、手汗の症状が収まりました。

 

仕事の前に塗る事で手汗を防止する事が出来ます。手汗で悩みを抱えている人は、一度使ってみるといいと思います。手汗に関しては、本当によかった商品です。手汗で諦めている人は使って効果を感じて欲しいです。

制汗剤を使うときに注意したい事

 

手汗がコンプレックス過ぎて、常に制汗剤を使っているのはどうなのかな?と思います。無理矢理手汗を止めているわけなので、身体に何かしら悪いものだと思います。もちろん、身体に悪い成分を配合していないので体には害はありません。

 

ただ、本来、排出されるはずの汗を抑え込んでいるのでやっぱりよくないと思います。だから、場面に合わせて制汗剤を利用するようにしましょう。仕事のときは、制汗剤を利用して終わったらすぐに落とすようにしましょう。

 

デートのときや握手するときなど緊張する場面のときだけ使うとか、あまり頼り過ぎるのはよくないと思います。本当に必要なときだけ手汗用の制汗剤を利用するようにしましょう。

 

中には、ネイルサロンで働いている人は、直接お客さまの手を触るので申し訳ない人もいるでしょう。そういった人のために制汗剤があるんだと思います。長時間持つ事に期待できるのですが帰宅したらしっかりと制汗剤を落としましょう。

制汗剤以外の手汗を止める方法@(ツボ)

手汗を止めるツボ

 

手汗を止めるツボを2つご紹介します。制汗剤の効果が切れたときや制汗剤を塗り忘れたときにこのツボ押しをして手汗の予防をする事が出来ます。

 

●労宮(ろうきゅう)
労宮(ろうきゅう)は、リラックスさせるツボで交感神経を鎮めるのに有効とされています。上の画像でいうと、丁度真ん中あたりです。適格な位置としては、軽く手を握って中指の先端が手のひらに触れた部分です。
ここのツボを5秒押して5秒離すといたのを5セット繰り返し行いましょう。

 

●合谷(ごうこく)
合谷(ごうこく)は、ストレスや不安、神経過敏などの精神的な事に効くツボと言われています。位置が分かりづらいですが、親指と人差し指の骨が合流するくぼみの部位です。そこが、合谷(ごうこく)です。
このツボを押すときは、3〜5秒押して1秒離すというのを5セット行いましょう。

制汗剤以外の手汗を止める方法A(食事)

 

手汗を抑えるのにお勧めの食事は、大豆製品です。味噌や納豆、豆腐、豆乳は、大豆イソフラボンが含まれておりホルモンバランスを整えるので、手汗の局所多汗症にはいいと言われています。

 

納豆や味噌汁などは、自宅で簡単に用意が出来て食べる事が出来るので積極的に食べてみてはどうでしょうか?ただ、食べたからといって手汗が止まるわけではないです。だら、少しでも改善したいというのであれば食べた方がいいのではないでしょうか?

 

他にも、ハーブ類であるラベンダー・ジャスミン・ローズなどは、リラックス効果があって副交感神経が優位になって交感神経を抑える事が出来るので手汗を改善する事が出来ます。

 

普段からハーブティを飲むだけで日頃からリラックスする事が出来るので、手汗を改善するにはいいかもしれません。逆に、脂肪分・油分の多い肉類やチーズなどはは手汗が出やすくなりますし、刺激の強い物も経験から手汗が出るのはわかると思います。

 

だから、食事も手汗に関係してくるので、手汗が気になるようであれば食べ物にも注意していきましょう。食べ物も重要な解決方法の1つだと思います。

制汗剤以外の手汗を止める方法B(手術・ボトックス)

手汗に注射する

 

手汗を止めるために手にボトックス注射をして汗を抑える方法が有ります。ボトックス注射は、神経伝達物質「アセチルコリン」の分泌を抑える事で、過剰に分泌してしまう汗を抑える事が出来ます。手汗で悩んでいるののが恥ずかしくて行けない人もいるかと思います。

 

費用ですが、保険が適用しないので5万円程度かかります。病院によって結構変わってくるので最寄りの病院というよりも安くて安全なところを探すのがいいと思います。特に副作用が出ているわけではないので安心して出来ます。ですが、医師とのカウンセリングでメリットとデメリットについて理解しましょう。

 

また、ETS手術は、多汗症(手汗、手掌多汗症)の治療で直す事が出来ます。医師としっかりと相談してから手術するか決めましょう。副作用として代謝発汗がというのがあり手汗以外の脇汗や顔汗、足汗などの部位の汗が多くなるようです。

 

当サイトしては、そこまでひどくないのであれば食事やツボに合わせて制汗剤を使うだけで十分ではないかと思います。特に夏場や乾燥する冬場の季節は制汗剤を利用するといいと思います。